学資保険の満期はいくら??

学資保険は子どもの進学の際に使うお金を積み立てるものです。
積み立てたは良いけど、一体どれくらいの金額が満期時に支払われるのでしょうか?

それは実は人それぞれなんですね。加入する時に「18歳の時(大学進学前)に200万円」とか、加入する人が決めるので。
例えば、「学資保険と言えばゆうちょ!!」と言われているほどゆうちょの学資保険が有名ですが、ゆうちょなら、50万円〜500万円までの幅があります。

自分の子どもに将来をどう希望するか。重要ですよね。
また、ずっと保険料を払い続けていけると言う金額でないと続きません。無理は禁物ですね。
当然ですが、満期の金額が大きいほど毎月の保険料は高くなりますよね。

平均的な満期金額はいくらくらいでしょうか??
大抵が、満期時に100万円〜300万円を設定する方が多いのではないでしょうか。
そうなると、月々の保険料は5000円〜15000円くらいになります。(0歳に入った場合)

4年制の大学に進学する場合でしたら、100万〜300万円では4年間のすべての学費を賄う事はできませんが、かなりの足しにはなりますよね。

保険会社のプランによっては、同じ満期時300万円としても、
・18歳の時に一度に300万円
・12歳で50万円、15歳で50万円、18歳で200万円と分割で支払い
など、コースがあって選べます。

10年以上先の話ですので、正直分からない事ばっかりだと思います。
でも、子どもは必ず大きくなり、進学すると言う時期がやってきます。その時にどれだけ親が蓄えているかによって、子どもの進む道も変わってくると思います。

満期金額の設定をする時に、そんなことも考えつつ保険に加入すると将来につながりますね。

 
Copyright © 2012 学資保険の資料請求するなら一括資料請求サイトを上手に活用!. All rights reserved