なるべく早く入ったほうが保険料も抑えられる?

学資保険は産まれてからなるべく早めに加入したほうが月々の保険料を抑えることが出来たりします。ただ、種類が沢山あって、なかなか選ぶのが大変なのでそんなときは保険会社の一括資料請求サービスを上手に活用していきましょう♪

貯蓄性の高さも人気の理由です

自分たちに万が一何か起こったとしても、子供の教育費用を確実に確保するために学資保険があるわけですが、もうひとつ人気になっている理由があります。

それはズバリ!「貯蓄性の高さ」です。学資保険の中には払い込んだ保険料よりも満期になったら戻ってくるお金が多いものが多くなっているからです。

普通に銀行の定期預金に預けていても雀の涙ほどの利息しか貰うことがで出来ません。金利が高いネットバンクでも0.2%〜0.4%ぐらいしか無いところを学資保険が満期になれば、110%近くになって戻ってくることもあります。(※注意!保険会社の保障内容やプランによって変わる)

途中解約することになれば、元本割れしてしまいますが、お子さんが大学進学までの17年〜18年ぐらい貯金する気があるのであれば、学資保険に入れておくほうがはるかに有効です。

定期預金に預けていてもし自分に何かあっても特別な保障内容はついていないわけですからね。。。

以上のことから学資保険は通常の生命保険や医療保険と並んでものすごく人気が高い保険のひとつとなっています。

返戻率の高い学資保険を選ぶ!学資保険の資料請求活用術

習字教室に通っていました

私は、小学校の低学年の頃から習字教室に通っていました。 幼かったので習うきっかけははっきり覚えていませんが、親の方針だったのではないでしょうか。 自分の希望で通った訳ではありませんでしたが、とても好きな習い事でした。 字を書く練習をして上達し色んな大会に出品し金賞や銀賞を受賞出来るととっても嬉しいし、もっと上手くなりたいと言う楽しみもありましたが、本音を言うと、習字教室が終わると先生がくれるジェリービーンズが楽しみでしょうがなかったのです。 学校でも月1で習字の発表会があり、よく1位や2位をとっていて嬉しかった思い出もあります。 残念な事に小学4年生の時に引っ越す事になり、その教室を辞める事になったのですが、この時は自分の意思で習字を続けたい!っと母に志願したのを覚えています。 新しい地では祖母に習字を教えてもらう事になりました。 祖母が習字の先生の免許を持っていたんです。 それから2年、中学に上がり部活動が忙しくなって辞めてしまいましたが、結婚して字を書く事が多く、主人の親戚からもお褒めの言葉をもらったり、習っててよかったと思っています。

 
Copyright © 2012 学資保険の資料請求するなら一括資料請求サイトを上手に活用!. All rights reserved